トリキュラーの効果・服用方法・副作用などのまとめ!

sdfsd
トリキュラーとは
トリキュラーとは、避妊効果と安全性が高い低用量ピルで、世界で多くの人に愛用されています。トリキュラーは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合しています。毎日飲み続ければ、避妊効果、また生理痛や生理の出血量を軽減させる効果に達することができます。

トリキュラーの効果
トリキュラーの効果と言えば、トリキュラーに含まれている黄体ホルモンと卵胞ホルモンは女性の自然なホルモンバランスを変えて、排卵を抑制したり、子宮内膜を変化させて精子の着床を阻害する働きがあるため、避妊ができるということになります。避妊効果の他には、トリキュラーは女性ホルモンのバランスを調節することができ、されで、生理痛や生理不順にも役立ちます。トリキュラーの愛用者が多い理由のひとつは生理周期で起こる症状を緩和することを目的として、トリキュラーを服用する女性の人数は多いからです。

トリキュラーの服用方法
トリキュラーの服用方法はトリキュラーの効果に大きい影響を与えることができますから、ぜひ注意してください。一般的に、1シートのトリキュラーに21錠入っていますので、月経1日目から1日1錠ずつを決まった時間に21日間飲み続けます。21錠のトリキュラーを飲み終わったら、7日間は休薬期間として服用を止めます。月経初日から服用すると、個人差によって1~7日目から避妊効果を期待できると言われています。

トリキュラーは女性本来の自然なホルモンバランスに近くなるように成分が3段階に変化するようになっており、決められた順番で飲まないと効果が現れてないことになってしまうかもしれませんから、ぜひ毎日飲む順番を守ってください。毎日正しく服用すれば、100%に近い避妊率を得ることができると証明されています。

通常、トリキュラーを飲み忘れた場合、翌日までに気付いたら、直ちに飲み忘れた錠剤を服用し、当日の分も通常どおりに服用することでいいです。もし、2日以上連続して飲み忘れがあった場合は服用を中止させ、次の月経を待ち投与を再開させます。なお、飲み忘れにより妊娠する可能性が高くなるので、その周期は他の避妊法を使用してください。

トリキュラーの副作用
トリキュラーの副作用として、乳房の張り、嘔吐、胃痛、頭痛、めまいなどの症状が報告されています。正しく服用する場合、それらの副作用は現れてくることが少ないと言われています。個人差によっても軽度の場合が多いです。

しかし、トリキュラーの服用は血栓症を引き起こすリスクがありますから、注意してください。トリキュラーを服用している間、ひどい副作用が起こった場合には、速やかに医師など専門家にご相談するようにしてください。

避妊薬の比較

アイピル

アイピル(アフターピル)とは、シプラ社によって開発された今の大人気女性用アフターピルです。ノルレボのジェネリック医薬品です。アイピルの有効成分はレボノルゲストレルで、排卵を抑制したり、受精卵の着床を阻害したりすることで、望ましくない妊娠を回避する効果に達します。

 

 

トリキュラー

 

トリキュラーはバイエル社が製造販売される低用量避妊ピルの一つです。これは、身体にあまり負担をかけない方法で避妊することが可能です。排卵を抑制する作用、精子が子宮に入りにくくなる作用、受精卵の着床を防ぐ作用、これら3つの作用により妊娠を防ぎます。